Austin 10HP light utility truck

SKP model 1/35

Modeller: Satoru Tsushima

第二次大戦の英軍/英連邦車両。

英軍規格で最も小型の4輪車両で、画像のオースチンの他、モーリス、ヒルマン等でも作られた。ベースは当時の英国の1000ccクラスの大衆車で、頑丈なフレームを持つが二輪駆動の普通の車である。主に英軍/英連邦軍の後方連絡用に使われ、荷台には折り畳み式のシートが2座ある。

キットはチェコ製のSKPモデルの製品で細かい部品が多く、簡易インジェクション、レジン、エッチングパーツという複合材料キットであり、若干組みにくいがなかなかイイ雰囲気を出している。デカールも馴染みがイイ上質なものが付属する。なお、前輪の車高が低すぎるので0.1mmプラ板を二枚重ねて嵩上げしてある。ラジエターグリルの裏はスカスカで透けてみっともないので裏にプラ板を貼るべし。窓枠は、元々モールドされており、エッチングの窓枠は要らない。幌はバキュームホームである、私は切り出しに失敗したので、付属の失敗品をベースにテッシュと新聞紙で加工し再生した。フィギュアは運転席はタミヤのピンク・パンサー、助手席はタミヤのブレンガン・キャリアーの兵士を加工して乗せてみた。

部品は、第二次大戦初期の物資が無かった頃の木製のリアドア、戦後マニアが所有する現法規に合わせた後付ウインカー、ナンバープレートが付属する。